安全への取組み

乗務員教育と健康管理

乗務員教育と健康管理ブルーハイウェイエクスプレス九州では、適正診断や健康診断、安全教育など乗務員の教育と健康管理を定期的に実施しております。

適性診断

特定運転者(初任者・高齢者・事故惹起者)に対する適性診断や全乗務員に2年に1度の適正診断が法令で義務付けられており、法令に則り実施しています。

健康診断

全乗務員に対し1年に2度の健康診断を義務化しており、再検査も含め検査結果の後追いを実施しています。また脳疾患の対策としてMRIの受診も実施しています。

安全教育

乗務員教育と健康管理月に1度乗務員とミーティングを実施し、安全に対する意識の向上を図っています。また現場の懸案事項にも耳を傾け、事務所と現場が一緒になって問題解決に取組んでいます。